RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
一口機材紹介3『UA30』
掲示板の写真を参照してから以下文章をお読み下さい。

僕個人的な話になり、申し訳ないのですが、この一品にはかなりお世話になった。いわゆる楽器・マイク等の入力をパソコンに取り込んだり、パソコンで再生した音を外部に出力したりする『オーディオインターフェイス』だ。今はかなりモデルチェンジ、内蔵機能などの追加により写真の機種は古くなってしまったがまだまだ使える現役。『シンプルな製品は気軽に使えて使い勝手がよいから長く大事にしてもらえる』というメリットがある。単衣にものづくりと言っても便利が必ずしもよい訳ではないから人間は売れる為の付加価値を、アイディアを考えるが必ずプラス方向の顔とマイナス方向の顔がある。そのバランスがとれた製品が良い製品となるんだろうが、今日はここまで(笑)
UA30
author:Harry, category:機材, 15:21
comments(0), trackbacks(0)
一口機材紹介2『TU8』
掲示板の写真を参照してから以下文章をお読み下さい。

これはギター、ベースに限らずに内蔵マイクを完備したチューナーの定番である。デジタルチューナーよりも当然分解能が高いし、マイク感度も良い為、シールド接続無しでも微調整がしやすいしオープンチューニングプリセットも備えている。
これ以上は言うまでもあるまい。使えばいいものはいい、初心者からプロまでニーズの幅はかなり広い一品。
TU8
author:Harry, category:機材, 15:19
comments(0), trackbacks(0)
一口機材紹介1『RAT(ラット)』
できるだけ毎日更新を続ける為というかババマゴだけじゃ食っていけないので、東方見聞録らしく見たもの聞いたものも残さないとって訳で一発目はこれだ!昨日、掲示板で投稿した写真を参照ください。『プロコというメーカのオーバードライブエフェクター[RAT]』学生の時に軽音楽部の先輩がラッコって言ってて→ラッコはあんたの顔だよ!とか思っていたが実はギターエフェクターのことだった記憶がある。このエフェクターは渋いギターの要素であるチョイ歪みが欲しい時には最適。弾くときの強さつまりダイナミクスによりクリーントーン、歪みが他の歪みエフェクターに比べコントロールしやすく、歪みを全開にすればファズ(比較的軽めで粒立ち荒めの歪みかなぁ。)のような効果も得られるし、音の芯をしっかり捕らえてくれるので輪郭がはっきりしやすく複数人で演奏時には、よほどな周波数帯のぶつかりが無い限り埋もれてしまうことは無いはずです。使い方は人それぞれだけどハードロック、ハードコア系の強力ディストーションのエンハンサー(輪郭出し)としても使えると思う。例えばいつも愛用しているコンパクトのイコライザーが壊れちゃったから何で音の輪郭を調整しよう?早弾きも聞こえなければ流されるだけだし、なんてときにも使えるということ。歪み系の使い方は実は幅広い可能性を秘めていると思う。
使ったことの無いギタリストは是非一度!
RAT
author:Harry, category:機材, 15:18
comments(0), trackbacks(0)